オリジナルウェディング >  結婚式当日

結婚式当日

当日は、とにかく緊張してました。
私以上に、彼のほうが緊張してたみたいですが^^;


レストランのスタッフに挨拶をし、
前日搬入した荷物のチェックをし、
ヘアメイクやドレスなど、時間のかかる私は
ヘアメイクさんが到着すると、早々に自分の準備に入り、
そのほかの準備は彼と、SPを頼んだ彼の友人にお任せ。
さすがに、私も着せ替え人形状態ですから、
何も手伝うことはできません。


目の前でバタバタしている彼らが見えるので、
申し訳ないと思いながらも、
うちの家族のお世話までしてもらいました。


ペーパーアイテム、引出物、小さい子へのおまけのお菓子などなど、
やることは一杯あるんですよね。
これは、レストランウェディングを選んだカップルの宿命です。
全てやってくれる式場や、ホテルなどでは、考えられない大変さです。
前日から準備できればいいのですが、
レストランですから、前日の10時ごろまで一般に開放してますから、
控え室に搬入するまでしかできず、
当日バタバタ準備することになるのです。


それは、スタッフの方も一緒。
いろいろ手伝ってはくれますが、
厨房のほうで、料理の準備は、それぞれにありますからね。
とにかく自分たちでやるしかないのです。


やることがありすぎて、リハーサル時間がどんどん縮まるわ、
スピーチの内容を考えられないわ、
とにかくバタバタのまま、あっという間に本番が始まってしまった感じがあります。


でも、いざ始まってしまうと、司会の方の、慣れた進行によって、
だんだん落ち着いてきたし、料理もそこそこ楽しむことができました。
やはり、こういう所を考えると、ベテランの司会者に頼んで正解でした。


司会の方のアドリブもポンポンと弾み、
家族も、友人も、最初から最後まで笑いが耐えないパーティでした。
お酒が入り、かなり緊張のほぐれた私は、
美味しい料理も楽しむことができたし、友達との会話も楽しめたのですが、
最初から、挨拶のスピーチをして、挙式の後の乾杯が終わってすぐ、
友人にお酒を山ほど飲まされた夫は、
料理もメインにたどり着く前に、頭痛と吐き気に一時退場する始末。


その間も、のんびりと料理を楽しむ時間ができ、
司会の人も「美味しそう。。。私もたべたくなっちゃったw」
とこぼしたので、テーブルの上に手付かずで並んでいる夫の分を
「手付けてないので、、、」といってこっそり渡し、食べてもらったり、
けっこうやりたい放題でした。


後々考えると、手を付けていないとしても、夫の残り物ですから、
ちょっと失礼だったかなと、誤りに言ったのですが、
「とっても美味しかったので、気にしないでください。


それより、すごく楽に司会を楽しめたし、良いパーティーになってよかったですよね。」
と、ほんと楽しそうにしてくれていたので、
司会の方も楽しめたみたいだし、思ったとおりの結婚式ができてよかったと
つくづく感じました。(夫には申し訳なかったですけど。。。^^;)


友達からも、すごくアットホームな、二人と距離感のないパーティで良かったよとか
料理もおいしかったと皆に言われ、
今までの苦労が、報われた瞬間でした。


手作りで結婚式をした理由は、自己満足からなのだけれど、
結局は、こうやってみんなに楽しんでもらえる事が、全てだったんじゃないかと思います。
これが二人のやりたかった事だったと。。。。

私のオリジナルウェディング体験談


いろいろな結婚式の形
オリジナルウェディングとは?
式場・会場選び
ウェディングドレスとヘアメイク
ウェディングマニュアル
私のオリジナルウェディング体験談
結婚スタイル
結婚・恋愛いろいろ
リンク集
サイトについて