オリジナルウェディング >  装花の手配の仕方について

装花の手配の仕方について

装花(そうか)・・・会場や空間をフラワーアレンジなどで装飾すること。


これ、レストランウェディングでは、自分たちで手配しなければならないので
意外と忘れがちなんです。
結婚式場や、ホテルだと、全部やってくれていますからね。。。
決まったプランでの披露宴だったりすると、
見積もり費用からも抜けていることが多いです。


今は、花キューピットとかあるくらいですから、
遠くても、時間通り届けてくれ、飾ってくれるとは思いますが、
生ものですから、できるだけ危険を除くように、できるだけ近い花屋さんに頼みましょう。
そのとき、そのレストランの結婚式で使った花屋さんを紹介してもらうと良いでしょう。
そのレストランを飾ったことのある花屋さんなら、
どのくらいの花が必要かとか、どんな花が合うか、又、時間的なものも把握してるでしょうから、
打ち合わせするのも早いです。


自分が気に入ったからと言って、そのレストランの事を何にも知らない花屋さんですと、
まずはどんな空間で、どのくらいのボリュームの花が必要なのか、
自分たちで考えて注文しなくてはなりませんからね。
花屋さんによっては、会場を事前調査し、考えてくれるところもありますが、
実際、花のボリュームが少なくて、寂しい感じになってしまったりしないように、
その辺りの打ち合わせは、綿密に行いましょう。


装花を選ぶ時、自分のドレスの色(お色直しも含め)、ブーケの色など
決まってから打ち合わせしたほうが良いです。
ブーケの写真や、ドレスを試着した時の写真、
なければ、ドレスの色が分かるものを持っていきましょう。
花屋さんもアレンジのプロですから、会場の感じと、それぞれの色に合わせて、
ステキにアレンジしてくれるはずです。


ブーケを生花にするなら、同じ花屋さんで頼むのも良い手ですよね。
私は、お色直しでもブーケを変えたかったので、
そんなに大きくもなく、カジュアルな、花束風のクラッチブーケにしたかったので、
装花と一緒に、生花で同じ花を使ったものを作ってもらいました。
簡単なアレンジなら、3000円程度でつくってくれます。


そのとき、なるべく季節の花でお願いしましょう。
その季節に無いものは、海外から取り寄せたりしなければならないので
その花の季節に作るより、値段はアップします。
年中ある花もあるので、花屋さんに色々聞いて、
ベストな花を選ぶと良いでしょう。


花によっては、気温にかなり左右されます。
クラッチブーケは他のブーケと違い、水のしみ込んだスポンジを使えませんから、
持ちが悪いと言われました。
すぐにシンナリしてしまったり、色が悪くなったりと、デリケートですから、
式が始まる直前まで、ベストな状態にしてもらいましょう。


一般的なタイプのラウンドブーケ、キャスケードブーケ、オーバルブーケと、
カジュアルな、クラッチブーケがあります。
そのほか変り種では、三日月型のクレッセントブーケや、かごに詰めた形のブーケや、
手持ちのついた、バック型のブーケ、
まるく、リボンでぶら下げるタイプのボールブーケ、ドライフルーツや、果物のイミテーションが
ふんだんに使ってある、バスケットブーケなど、さまざまな種類がありますから、
ドレスに合ったブーケを選びましょう。

ウェディングマニュアル

タモリさんのCMで有名なアコム キャッシング


いろいろな結婚式の形
オリジナルウェディングとは?
式場・会場選び
ウェディングドレスとヘアメイク
ウェディングマニュアル
私のオリジナルウェディング体験談
結婚スタイル
結婚・恋愛いろいろ
リンク集
サイトについて