オリジナルウェディング >  予算と実際の費用

予算と実際の費用

結婚式のスタイルを決める前に、予算組みをしてみましょう。
結婚式にかかる費用は、大きく分けて説明していきますね


●婚約準備金・・・結納品(金)、結納会場、エンゲージリングなど。


ご両親の承諾のもとでなら、省略しても構わないと思います。
略式と言って、最近では、結納を省略するエンゲージリングとマリッジリングを
一緒にしてしまう人も増えてきました。


●挙式・披露宴費用・・・挙式・披露宴、マリッジリング。
             

挙式・披露宴費用がほとんどですが、会場やスタイル、
ゲストの人数によりかなりの差がでます。
ひとり頭、最低でも30000円程度の予算を考えておきましょう。
ご祝儀で大分返って来ることを考えると、予算がたてやすいと思います。
お手伝いをしてくれた方やスタッフの皆さんへの心づけも忘れずに。。。


●結婚式後・・・結婚式が終わった後の費用って結構かかるんですよ。
        

結婚式を中心に考えているので、忘れがちですが、
お祝いなど頂いた人への内祝いや、新婚生活を始めるための資金、
更に、ハネムーンなどを考えると、かなりの出費になりますので、
ちゃんと資金ぐりをし、残しておきましょうね。
ギリギリの予算で考えてしまい、結婚後あわてることのないように。。。


これだけ、大きく見積もっても、かなり費用がかかるのが分かりますよね。
こうやって、最初に大雑把に予算を考えても、1〜2割は
余計にかかることがほとんどです。


予算の大部分が、挙式と披露宴です。
もう少し細かく予算を立てておくと、
実際の費用が予算を大幅にオーバーなんて事も防ぐことができますから、
挙式・披露宴の費用だけでも、明確にしておきましょう。


***ウェディングプラン基本費用(料金に含まれたり別料金でかかるもの)***


【挙式】


●挙式料・・・挙式スタイルによってずいぶん差があります。


聖歌隊や、司祭、オルガン奏者など、料金に含まれたり、
別料金の場合もあるので確認を忘れずに。。。)


新婦介添料・・・新婦の側に付き添い、動作の度にサポートしてくれるお世話係にかかる費用。


場所によっては挙式料に含まれることも。。。
レストランなどでのパーティスタイルでは、ドレスによっては、新婦も身軽なので
必要ないかも。。。

                
【披露宴】


●会場使用料・・・その名の通り、会場を使用する為に貸しきる料金。
       

規模、設備などによって料金はさまざま。
招待客の人数単価の場合や、固定で決まっている場合もある。


控室使用料・・・新婦のドレスルームや、招待客が披露宴が始まるまでにくつろぐ部屋の料金。
          

新郎側・新婦側と別々に用意することも。。。
そこで飲み物を出す場合は、含まれているか確認しましょう。


●料理・・・ランクによって料金が設定されています。
    

レストランなどでは、季節によってメニューが変わったりするので、
決まったメニューは無いところが多いです。


●ウェディングケーキ・・・人数単価の場合や、固定で決まっている場合、
             

自分たちの結婚式のテーマを形にしてもらったり、
大好きな果物をたくさん使ってもらったりと、
オリジナルにする場合は、追加料金もかかることがあります。


●飲み物・シャンパン・・・フリードリンク(飲み放題)か、一定の量が決められていて、
              

オーバーした場合、追加料金がかかる場合、または、完全オーダーなのか
色々なパターンがあるので必ず確認を。。。
乾杯用のシャンパンなどは、別料金の場合が多いので、必ず確認して。


●サービス料・・・一般的に、上記料金(披露宴〜飲み物まで)の合計の10%程度がサービス料となる。
         

これも場合によっては、割合が変わる場合も。
サービス料のかかる範囲も場所によってさまざまなので、よく確認しておくこと。


【その他の料金】


●衣装代・・・新婦ウェディングドレス、お色直しのドレス、(各小物含む)、新郎タキシードの料金
       

他でレンタルの場合、持ち込み料などがかかります。


●装花・ブーケ・・・一般的にメインテーブル・ゲストテーブル・その他
          

(壁の飾りや入り口、受付など、さまざまな場所に飾ってあるので、
場合によっては無しにしてもらっても。。。。)
一括して設定されていたりする場合は詳細を聞きましょう。
変更したりすると、オプションとして別料金がかかったりもします。


●ペーパーアイテム・・・招待状・席札・メニューカード・芳名帳などの料金。
             

プロに宛名書きなどを頼むと、筆耕料がゲスト人数分かかります。)
新郎新婦のプロフィールや生い立ちなどを冊子風に一緒に綴じたり、
最近では、オリジナリティにあふれたペーパーアイテムもあります。
手作りにする場合、ほぼ材料代だけ。


●演出・・・音響照明料(BGMを流したり、スポットライトを当てたり、そのほか照明での演出料)
  

司会(司会の方の経験によって、値段が変わることも。)
キャンドルサービスなどの演出料


●写真・映像・・・記念写真、スナップ撮影・ビデオ撮影の料金。
         

枚数によって変わる場合と、セットになっている場合があります。


●引出物・・・引出物・引菓子・ペーパーバック(これは、意外とシビアに人数分かかる。)


こんな感じですかね。。。
もっと詳細な見積もりにすれば、より綿密な予算がたてられます。
オリジナルにする場合、その他の料金を手配したり、作ったりしますが、
会場側にお任せするものと、自分で手配、手作りするものを
細かな予算をたてて見極めましょう。
オリジナルにしたために、とんでもない料金がかからないよう注意しましょう。


●追記・・・この合計に消費税も計算に入れましょう。


料金が料金だけに、消費税もかなりかかるので。。。

ウェディングマニュアル

長期通院は結構お金がいります。


いろいろな結婚式の形
オリジナルウェディングとは?
式場・会場選び
ウェディングドレスとヘアメイク
ウェディングマニュアル
私のオリジナルウェディング体験談
結婚スタイル
結婚・恋愛いろいろ
リンク集
サイトについて