オリジナルウェディング >  ウェディングドレスを選ぼう

ウェディングドレスを選ぼう

式や披露宴会場が決まったら、ドレスを選びましょう。
ます、ドレスの入手方法ですが、一般的には・・・


オーダー・・・フルオーダー、一般に、オートクチュールと呼ばれているもの。
デザイナーに、素材から形まで自分のイメージ通りにそして、体型に合わせて作ってもらいます。


セミオーダー・・・いくつかの出来上がったデザインの中から、自分の気に入ったものを選び
自分の体型に合わせて作ってもらいます。デザインを基本の形とし、アレンジも可能。


オーダーレンタル・・・オーダーで作ってもらったドレスを、使用後に返却する方法。


レンタル・セル・・・借りるのがレンタルで、そのまま購入してしまうのがセル。
レンタルドレスを扱っているところは、大抵セルも可能です。
           
 
以上、予算に合わせて選ぶと良いでしょう。


一度しか着ないウェディングドレス。
オーダーの場合、別料金ですが、頼めばリメイクをしてくれる所もあります。
そのまま、タンスの肥やしになるなんてことがなくていいかもしれませんね。


次に、ドレスラインですが・・・


・スレンダーライン・・・体に沿った細身のシルエットのドレス。背の高い方にお勧め、
・プリンセスライン・・・子供の頃憧れたような、腰からふんわり広がる、愛らしいライン。
・Aライン・・・・・アルファベットのAに似ているラインなので付けられた。すっきり細身に見え、背の低い人にはお勧めです。
・マーメイドライン・・・上半身からひざまでは体に沿っていて、ひざから下までが人魚の尾びれのように広がっているライン。


色々な形がありますので、自分の体型に合ったラインを選びましょう。


気になる部分のカバーですが、腕が気になるからって、
隠すためだけに、真夏にあつくるしい長袖なんかきたくありませんよね。
強調させない方法は、思い切ってだしてしまうこと!
恥ずかしくて出せないって気持ちは分かりますが、
出してしまうと以外に目立たなくて、逆にすっきり見えるので、
二の腕は強調されません。


だからと言って、教会などでの挙式の場合、露出度の激しいものは好まれません。
時と場合によって、露出度の調節はしましょう。
どうしてもという場合は、肩掛けや、ボレロで露出度をおさえる工夫を。。。


どうしても着たいからと言って、会場の雰囲気に合わないドレスもやめましょうね。
豪華な披露宴に、あまりにもカジュアルなドレスは似合いませんし、
逆に、カジュアルなレストランで、あまりごてごてと、豪華に装飾されたドレスも
似合いませんし、何より動きにくいのは致命傷です。
あくまでもドレスは、会場が決まってから、探す事です。


最近の傾向として、カジュアルな結婚式のときは、
お色直しを省略してしまうカップルも多いようです。
シンプルに白いウェディングドレスで挙式をし、
ヘアメイクを簡単にアレンジし、コサージュや、肩掛け、ボレロなどでも
かなりイメージが変わります。


お色直しの時間を省けるので、その分ゆったりした披露宴にしてみては?
とてもシンプルなイメチェンなだけに、センス良い!なんて褒められるかも。


余談ですが、進行上、花嫁がお色直ししている間が、皆ゆっくりと食事を味わえるチャンス。
もし、お色直しをしない場合、ゲストがせかせかした気分にならないように
食事や雑談の時間を設けるといいかもしれません。


こんな感じで、ドレス選びって大変なんです。
ドレスのことで頭が一杯で、付属の小物って忘れがち。
直前にあわてることが多いんです。
ドレス用の下着、パニエなどは、試着までに自分で用意する場合が多いです。
ドレスをオーダー、又レンタルしたとき、
白いパンプス、ベール、グローブなども合わせて選んでしまいましょう。

ウェディングドレスとヘアメイク


いろいろな結婚式の形
オリジナルウェディングとは?
式場・会場選び
ウェディングドレスとヘアメイク
ウェディングマニュアル
私のオリジナルウェディング体験談
結婚スタイル
結婚・恋愛いろいろ
リンク集
サイトについて