« 2013年10月 | メイン

2014年05月 アーカイブ

2014年05月20日

街コン in 東京

"街コンに一度参加したことがあります。
ペアでの参加が条件なようで、
友達(27・天然)からどうしても一緒に行ってくれと頭を下げられ1回だけだよ!と予約しました。

街コン・・・興味はあるけど人見知りなので避けて通りたい道。
でもこれも人生経験と思って切り替えました。

当日、私は前日からの風邪を引きずり咳がとまらず、
午前中に病院にいって直行。
待ち合わせた友達に心配されつつ二人で気合を入れて
会場へ!

その街コンは8店舗くらいが会場で最初だけ行くお店が指定されていました。最初のテーブルに着くと2人の男性がきました。32歳くらいの感じのいい男性。
友達が恥ずかしがって何も話さず、男性たちも緊張しているようで最初はギクシャク。なんだか盛り上げねばという使命感に駆られ質問をしたり自己紹介をしたり頑張りました。
次第に話もなかなか弾みましたがここで私ののどは限界に。
それ以降はどの男性とも咳き込んでしまい話せず。

終わったあと飲みましょうと友達と私の二人を誘ってくれましたが、体力も尽き私だけ早々に帰りました。
友達は誘ってくれた男性とその日デートに行き、後日付き合うようになりました。"

長男と結婚すると実家問題は切り離せないもの?

"長男との結婚、お見合いだと正直避けたいと思いますが、
恋愛結婚だとその人次第じゃないかなと思います。

自分の周りの例で言うと、お寺の長男と結婚した友達は
子作りのプレッシャーや家の手伝いで大変そうですが、
サラリーマン家庭の長男と結婚した友達からそのような話は聞きません。
どちらも恋愛結婚です。
とはいえ、同じくサラリーマン家庭の長男と恋愛結婚した職場の先輩は
後々実家の仕事を継ぐ予定があると結婚後に聞かされて、
今揉めているところらしいですが。。

どんな場合であれ、まだ楽に別れられる時期に
実家のことについて聞いておいた方が良いと思います。
交際中の相手が長男の場合は特に。
最近は親世代でも同居に消極的な人が増えているとはいえ、
なかには婚約前に二世帯住宅を発注したり、
寺に孫の名前を勝手に依頼したりする人もいない訳ではないので。。
お互い好き合っているのに、親の都合で別れなければいけない事ほど
辛いことはないと思いますが、今後の人生を考えて
より良い選択ができればと思います。"

20代での結婚は幸せか

"20代後半になると、結婚したい!と焦る女性もたくさんいますね。今では、20代前半の人も結婚したい!という人も増えてきましたね。では実際どうなのか、20代前半で結婚した私が話します。
恋愛と結婚は別だよ。とよく聞きますが、本当にその通りです。これは何歳になってもそうですが、結婚して始めにぶち当たる壁は義家の関わり方、価値観の違いです。特に若い内に結婚すると(何も知らない、常識知らず)と思われたりすることがあります。また問題が発生した場合、2人の問題では無く、両家がはまってくることもよくあります。両家の問題になるのです。
私は考え方の違いを特に痛感し、結婚当初は「何で分かってくれないの?」とよく泣きました。
次に悩むのは子どもがいない場合は別ですが、まさに財力です。夫婦2人でのんびりと…の生活なら余裕もあるかもしれません。でも子どもが出来ちゃった!となった場合、どちらも20代となると余計に生活費に余裕がありません。お金がないときれいごとを言っていても生活できません。
更に女性の方は、子どもが出来ると育児、家事、仕事などに追われて心にも余裕が無くなります。周りが遊んでいるのを見たり、恋愛している話しを聞いたりすると羨ましく思い、独身の人のように自由になりたい!と思うのです。
私は結婚して5年以上経ちますが、今も独身の人を見ると羨ましくなる時があります。でも、子どもの成長は宝です。人それぞれの感じ方があり、上手に楽しめる人が一番いいのでしょうね。"

2014年05月29日

恋愛関係で付き合いたくないなと思った人

"以前ある縁で知り合った人と初めて2人きりで会ったとき、お酒を飲みに行きました。
お酒を飲んだ方が緊張がとけて、色々話せるのでいいと思ったからです。
それに人はアルコールが入ると本心が出る場合もありますから、素面では分からない部分を知ることができそうだとも考えたのです。

そんな思惑を知ってか知らずか、彼はお酒を飲み始めてから時間が経つと少しずつ饒舌になっていきました。
楽しい話なら何時間過ぎても苦痛ではないのですが、彼の話はだんだんと自慢話へと移っていったのです。
ストレートに「自分はスゴイんだ」と言ってるわけではないので、本人は全然気づいてないようでしたが、誰々ができないことを自分はできたとか、選ばれたとか自分を持ち上げる内容のオンパレードでした。

初めは素直に凄いねと聞いていた私も、さすがにそれが続くとうんざりしてきてしまいました。
ちゃんと聞いてるよという合図で、相槌を打ってはいましたが、もう早く帰りたくて仕方がありませんでした。
こういう人と恋愛で付き合うのは大変だろうなと思った出来事でした。

"

私が思うこの人と付き合えない

"最近までダブルワークしてたんですね

そのダブルワークというのが
運転手とペア(2人っきり)で仕事をするんですが
この間ペアになった人は男性で私は女性なんですが

そのペアの人とは付き合えない・・・と思いました

私は太ってるとか毛深いとか
あまり外見を気にしないし
どんな人であろうと
ちょっとした所を好きになったり
自分が嫌われてても人を嫌いにはならない性格なんですが

この人だけは。。。ちょっと(汗
と思いました

それは鼻水とか、どうどうとどっかにつけるとか
咳をする時に口を手で覆わないとか

なんていうんでしょうか
一般常識を人は、はずしたらダメなんだと思います

でもそれって普通だと思うんですよね
たとえば、どうどうと女性が鼻をほじってたら・・・
幻滅しませんか?

なので最低限、一般常識は必要だと思います

後、私の父親が酒乱でお酒に逃げて母親を殴る人だったので
そういう人が私の旦那さんだったりしたら即離婚です(怒

こういうのって
恋愛して付き合ってみないと分からない事だし
お酒を飲んでも自分を見失わない人ならOKですが

結婚して家でお酒に溺れる人なんて絶対女性のみならず
子供まで不幸になっちゃいますから!

なので

私がこの人と恋愛で絶対付き合えないって思う人は
一般常識の無い人とお酒に溺れる人です

絶対それだけは、はずせません!"

美食家とは二度と付き合いたくありません

"美食家で肥満体型な男性と交際していた時期があるのですが、その時期は本当に地獄でした。

まず、その男性は社会的には安定した地位にあるのですが、一緒に食事に行くたびに「食べ方」について文句を言われました。

一応わたしはマナー講座などにもよく参加していますし、他の場ではマナーに関してはかなり褒められるほうです。

しかし、彼と一緒に仕事をすると自分ルールを押しつけられてしまい、「この肉は生で食べた方が美味しい」「この酒は割らずに飲むのが正攻法」といった風に勝手に注文されてしまい、自分の食べたいように食べることができなかったのです。

結局わたしはその翌日、悪酔いし、腹痛で3時間ほどトイレから出られなくなりました。

もう二度と生肉を食べさせてくるような男性とは交際したくありませんし、その男性はぶくぶくと太っていて醜かったので、そういう意味でも尊敬できません。

今は、何でも美味しく食べてくれる優しいイケメン男性と交際しています。"

About 2014年05月

2014年05月にブログ「オリジナルウェディングの演出準備の体験記」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2013年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type