« 2013年07月 | メイン | 2014年05月 »

2013年10月 アーカイブ

2013年10月09日

定期預金に500円玉貯金。

"結婚式ってお金がかかりますよね。

最近では、身内だけで、とか言って小さくまとめようとすることも増えているようです。
しかし、以前はそんなことは許されませんでしたよね。

もう20年ぐらい前になるでしょうか。
私が結婚するとき、両家の親、親戚等は絶対に結婚式を挙げなければならない、と言ってきました。
まだそれほど稼ぎもなく、どうしたものかな、なんて考えたのを覚えています。

実際の所は、親の補助もあり全額を支払う訳ではなかったのですが、それでも貯金はしましたね。
毎月毎月、何とか工面しようと必死でした。

まず私が始めたのが定期預金でした。
結婚式専用の定期預金です。

給料から天引きしてもらい、手元に入る前に銀行へ。
これで無駄遣いは減りますね。
また、しっかりとした予定が立てられるのでお勧めです。

まあ、それがメインですね。
あとは500円玉貯金とかでしょうか。
意外と貯まるんですよね。
貯金箱は。壊さないと開けられないものを使いましょう。
これだけで20万円位貯めましたね。

結局は意志の問題です。
相手の事を思い、日々努力が肝心ですね。"

親の援助がありました

"結婚式のためにどれほどのお金がかかるのか、最初は分かりませんでしたが、これもあれもと考えると膨大な金額になります。それで二人ともそれほど貯金があったわけではないので、100万円以内で抑えるように検討しました。

式は近くの市のホールを借りることで安くすることができましたし、ウェディングドレスなども高額ではないものにしました。

一番高かったのが親族との食事会で両家あわせて30人くらいの出席でしたが、40万円くらいかかりました。この方法に関していろいろもめましたが最終的に、両家の親が食事代を半分ずつ出してくれるということで落ち着きました。

最終的に自分たちが負担したお金は100万円で納まり、なんとか仕上げることができました。

結婚式は本当にお金がかかります。あまりいろいろとしようと思うと高額になり、それが原因で新婚スタートがお金で苦しむことになりかねません。式は簡素でも良いのではないかと思いました。

最も幸せな時、そして一生に一度という結婚式というフレーズが誘惑になりますが、最も大切なのは、結婚した後であり、式ではありません。"

私が結婚式の費用を貯めた方法

"私は5年前に結婚式を挙げたのですが、その時にかかった費用は280万円です。それなりにリーズナブルな価格で結婚式を挙げられたと思いますが、お金をこれだけ貯めるのは大変でした。結婚を意識していた時に、貯金もそんなにありませんでした。
そこで、彼女との結婚を前に半年間サラリーマンとしての仕事の他に夜はバイク便の仕事をして必死に働きました。働いて得たお金は自分で持っていると使ってしまうので、全部彼女に預けることにしました。
とにかく2つの仕事を掛け持ちしているときは眠くて堪りませんでした。平均睡眠時間は2時間から3時間程度だったからです。しかし、ついに半年を迎える頃には目標額には届かなかったものの200万円も貯めることができたのです。あとの足りない分は、私の頑張りを見て彼女がご両親に頼んでくれて80万円出してくれたのです。
そして、私たちは無事に結婚式を挙げることができたのです。とにかくこの時は彼女に誠意を見せるためにも必死に結婚資金を貯めたのです。"

2013年10月10日

お見合い結婚大賛成です

"私の両親はお見合いをして結婚しました。その話を聞いていたので、私はお見合いはいいなと思ったのです。
お見合いでであっても、それから恋愛するのです。そして結婚に至るのですから、出会いが違うだけだと思います。そしてお見合いしても嫌ならそこまでだし、気に入ったわけで付き合って結婚するのですからいいと思います。
最初から仕事も、性格もわかっていていいんじゃないかなと思います。
それは両親を見てきて、私が思った事です。結局最初に嘘をついても全てばれます。だったら最初から、嘘偽りもなくていいと思うのです。
お見合いって紹介のようなものなので、一つの出会いのきっかけです。私ももしも機会があれば、お見合いをしたいなと思っています。結構条件がうるさいほうなので、最初からそういう人と出会っていたら早いと思うのです。
余計に遠回りをせずに、結婚までたどり着けると思うのです。私はおおいに大賛成です。友人でもふたりはお見合い結婚をしているのです。"

お見合いでもいいと思います

"私はまだ結婚していないですし、お見合いもしたことがないのですがお見合いでもいいと思います。

まず、社会人になると出会いがないことも多いです。
異性の少ない職場だったり、仕事以外で出会う人がいなければ全然異性に出会う機会がないなんてこともあります。
そんな場合の出会いの場のひとつとしてお見合いは悪くないと思います。

それに相手のことをよくわかってから付き合うならいいのですが、そうでなかった場合は相手の収入などの情報を得るのが難しい場合もあります。
その点、お見合いなら釣書や間に入ってくれた人の情報で家のことや相手の情報をいろいろと得ることができていいと思います。
ただ付き合うだけならどうでもいいことも、結婚となったら重要だったりしますから。
お断りする場合も間に人が入っていればそんなに思い悩むこともないですし、気が楽な部分もあると思います。

何より結婚の意思がある人しかお見合いしないので、結婚したいという意思が強いなら手っ取り早い方法だと思います。

赤い糸が・・なんて言いますが、お見合いで見つかる赤い糸もあると思います。"

お見合い結婚について

"お見合い結婚は、やや堅苦しいイメージがあるかもしれません。
でも、実際に出会ってから結婚についてじっくり考える事ができるので
とても良いのではないでしょうか。
お見合いも出会いの一つの形ですし、ものすごく燃え上がるわけでは
ないかもしれませんが、そこをスタート地点としてゆっくりと愛を
育んでいけば良いと思います。
お見合いは両親公認という形ですし、後から反対等をされる事は
まずないでしょうから、その点においても安心ですね。
相手の経歴等、素性がしっかりわかるので、その部分においても
心配は無用なところが良いのではないでしょうか。
一緒になる相手ですから、そういう部分はとても大事だと思います。
私は、職場での恋愛結婚だったので、お見合い結婚に多少の憧れが
あります。どんな感じなのかちょっと味わってみたかったかも
しれません。
恋愛結婚も良いけれど、お見合い結婚も悪くはないと思います。
お見合い結婚で、長続きしているご夫婦も世の中に沢山いらっしゃる
のではないでしょうか。"

About 2013年10月

2013年10月にブログ「オリジナルウェディングの演出準備の体験記」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2013年07月です。

次のアーカイブは2014年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type