« 2010年10月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月 アーカイブ

2012年10月16日

不祝儀袋のマナー

"先日、知人の親族が亡くなり、不祝儀を持って御通夜に行くことになりました。とは言え、御通夜や告別式に親族以外の立場で参列するのは初めてのことでした。今までは親が準備をして、私はそれに付いて行く位でした。そのため、不祝儀袋については何も分からず、白黒の袋は買ったものの、表には何を書くのかさっぱり分かりませんでした。
冠婚葬祭のマナーの本も持っていなかったので、急いで前日にインターネットで調べました。すると、色々と書いてあったのですが、宗教によって各言葉が違うものの、基本は薄墨で書くこととありました。薄墨なんて家にない・・・と慌てましたが、私が結婚する時に母が持たせてくれていたようで、箪笥の中にありました。相手の宗教が分からなかったので、慣れない筆ペンで「御霊前」と書き、なんとかマナーを守る事ができました。"

結婚式や披露宴に出席するのは、楽しいと思う。

"家族や友人で結婚する人がいる場合がありますが、そのような人が結婚式に招待してくれることもあります。結婚式に招待してもらうと、とてもおめでたい雰囲気で楽しいことが多いと思います。
結婚式は、披露宴などをホテルで行なうことが多いのですが、そのような華やかなものは、参加していてとても楽しいと言えます。
まずそのような場面では、普段とは違って綺麗なパーティードレスを着ることができます。最近はレンタルでも本当に種類豊富なドレスがありますから、そのようななかから選んで着ると良いと思っています。
着物を着る場合でも、普段の生活では着物を着る機会はあまりありませんから、嬉しいと思います。
さらに、披露宴で出される豪華な料理やスイーツなども、楽しみと言えます。
しかし結婚式で一番嬉しいことは、自分の家族や友人が幸せになる式だということでしょう。そのような幸せな雰囲気のおすそ分けを、してもらえるような気もします。
以上のようなことから、結婚式や披露宴に出席するのは楽しいことだと思っています。"

通夜の服装

"先日、私と私の友人どうしで、先生のご家族の御通夜に行く事になりました。連絡を受けた翌日に御通夜があることが分かり、友人は喪服を準備しなくてはと言っていました。私は、数年前に買っていた喪服がずっと箪笥の中に眠っていましたが、今回はじめてそれを使うことになりました。真珠の1連のネックレスや、喪服用のカバンも一式揃っていましたので、慌てずに当日出かける事ができました。
友人と合流したら、友人は黒いパンツスーツとシャツという服装でした。どうやら、喪服が間に合わず仕事帰りでそのまま駆けつけたという雰囲気でした。しかし、訃報を突然聞いて準備もできずかけつけたという意味では、通夜は元々喪服で正装をしなくても大丈夫なのだそうです。"

About 2012年10月

2012年10月にブログ「オリジナルウェディングの演出準備の体験記」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type