オリジナルウェディング >  いろいろな挙式スタイル

いろいろな挙式スタイル

まず、挙式について、どんなスタイルがあるのか確認しておきましょう。


**キリスト教式**
キリスト教の教えに従い、教会で執り行われる挙式です。
街の教会などでは、信者以外は、前もって、
その教会での結婚講座の受講が必要になってくる場合が多いです。
そういうことがめんどくさいと言う方は、
ホテルや式場についている教会、または結婚式専用の教会だと、
受講は必要ありません。


キリスト教にも、2大宗派がありますよね。
プロテスタント(新教)と、カトリック(旧教)です。
日本の場合はプロテスタントが一般的なため、
式場やホテルの教会でも、プロテスタントの考え方で執り行われる事がほとんどです。


ちなみに、各宗派により、挙式の進行方法やアイテムが異なります。
比較してみると


プロテスタントが、礼拝堂で牧師様を司祭に立て、花嫁は白いバージンロードを歩くのに対してカトリックは、聖堂で、神父様を司祭に立て、赤いバージンロードを歩きます。


ちょっとした、知識として覚えておくと、役に立つかもしれませんねw


**神前式**
明治時代に始まった日本独自のスタイルです。
神のしきたりに従い、神社の神殿や、ホテル、式場についている神殿で執り行われます。
日本独自の厳粛で、雅な雰囲気を好む方に人気です。
神社での挙式のほうが、よりいっそう、厳粛な雰囲気になりますが、
移動などのたいへんさを考えると、ホテルや式場などの神殿で行った方が、
便利で良いと思います。


**人前式**
宗教にとらわれず、家族や親しい友人を立会人とし、
婚姻届や、結婚証明書という独特な証書に、その場でサインをし、
立会人の前で、結婚の宣言をし、証人になってもらうスタイルです。
アットホームなパーティスタイルで使われることが多いですよね。
最近では、司会者を立てないスタイルが人前式、
司会者(ウェディングミニスターという)を立てるパーティスタイルを
シビルウェディングと使い分けられているようです。


**仏前式**
仏教の教えに従い、先祖代々のお墓のある菩提寺の本堂で執り行われます。
以前は、自宅で行われることが一般でしたが、核家族化の現代では、
かなり減少しているようです。


こんな知識を踏まえて、自分の家柄、二人のスタイルに合わせて考えてみましょう。

いろいろな結婚式の形


いろいろな結婚式の形
オリジナルウェディングとは?
式場・会場選び
ウェディングドレスとヘアメイク
ウェディングマニュアル
私のオリジナルウェディング体験談
結婚スタイル
結婚・恋愛いろいろ
リンク集
サイトについて